サーキット走行と動画編集の応用編

久々の更新になりますが、先日の土曜日に友人と筑波サーキットに行って来ました。
コースはTC2000(大きい方)で、スピードもバックストレートでは170kくらい出ます。
700馬力のターボ車だと220kくらい出るそうです。すげー!

今回のタイムは1分7秒5と満足いく結果でした。
初めてのヨコハマSタイヤ050は扱いやすくていいですね。

ferio2ferio1ferio3

今回は動画も撮影しました。

使った機材がPhotomate887のGPSとカメラはソニーのコンデジです。
手振れついててもガクブルになって見てて酔ってしまいそう。笑
それが↓の動画です。

今はフリーのソフトで手振れ動画を簡単に補正出来るんです!すばらしい〜!
そうそうGPSからの読み込みソフトはLAP+さんの有料ソフト使ってます。
動画編集ソフトはaviutlを使ってます。それにプラグインでvsd_filter_gpsを入れます。
画面上のメーター等のフォーマットは幾つかあり、そのプラグインも入れます。(デフォルトでも十分です。)
でも基の動画がブレブレだったらどうしようもないので、VirtualDubにDeshakerのプラグインを入れてポチっとボタン押せばブレが補正されます。
しかも調整幅も任意で調整出来ます。すごいですねえ。

皆さんもお試しあれ〜!

手振れ動画諦めるなあ〜!

カテゴリー: 車日記 パーマリンク