また出たiPhoneアプリサーキットロガー編

私の知る限りではiPhoneで2個目となるサーキットロガーアプリです。

最初は「ストリートキャプチャー」アプリを使っておりましたが、これはPCに書き出しが出来ませんでした。
しかしログファイルは沢山保存することは出来ます。
ラップタイム、スピード、前後左右の加速度は計測してくれます。
しかし少々誤差が大きいかな?とも思いました。
それとiPhone用のサポートホームページがないのでメーカーに質問が出来ません。(PC版はあるんですけどねえ。)

そこで今回雑誌レブスピードに掲載されてた「サーキットロガー」(700円)を購入してみました。
http://www.circuit-logger.x0.com/
これは縦、横G、スピードはもちろんですが、コントロールラインを任意で設定出来るんです。
しかもGoogleMap上で設定するので簡単です。
コースインとコースアウトの周はラップカウントしないので無駄なログはとりません。(たぶん!?)
しかもとったデータをその場でCSV(エクセル)形式でメールで送ることができるのです。
ログは3個までしか保存できませんが、コントロールラインを通過しない限りGPSログはとらないので
ずっと「ON」のままでいけそうに思えます。(まあ気になったらメールで自宅に転送すればいいことですしね!)
弱点としては、ジムカーナみたいにスタートとゴールが繋がってない使い方は出来ません。
あくまでコントロールライン通過でのタイム計測になります。
さーて皆様もiPhoneに買い換えて楽しみましょう!

☆サーキットまでの便利ソフト☆(iPhone)
○ハイウェイインフォ(渋滞情報)
○トラップスター(オービス、検問所情報)
○ガス探LE(自分がいる地域の最安のガソリンスタンド検索)
○ウェザーニュース(天気)
○トイレどこ?(自分がいる場所の近くのトイレ検索)
○近くの…東版(自分がいる近くの病院検索)
あとは当然ナビゲーションソフトです。
iPhoneは仕事にも遊びにも使える携帯ですねー!
(※BMWのナビに繋いでiPhoneに入ってる映画を見たり音楽聴いたりしております。)

☆タイヤのお話し(誰か教えて!)☆
今回エアロ装着と共に気軽にサーキット行けるようにハイグリップラジアルを検討中です。
正直言ってラジアルでサーキット走行は10年以上前に数回しただけです。(どんなだったか覚えてないし、TC2000で1分18秒となさけないタイムだったし。。。)
しかし今はマシンの性能も上がりTC2000でも1分8秒くらいはコンスタントに出せるようになってきました。
でもタイヤのコストパフォーマンス、ピットでのタイヤ交換作業等考えると「ラジアルで修行したほうがいい!?」なあんて思っております。
そこでご質問です。
Sタイヤからハイグリップラジアルにすると乗り方が変わってタイムが落ちる?
それとも最近のラジアルはSタイヤに近いグリップ性能で安定してタイムが出せる?(もちろん究極タイムはSタイヤには敵わないと思いますが。。。)
どうなんでしょう?

カテゴリー: 車日記 パーマリンク